スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波黒豆、大豆、青豆、いよいよ豆を植えました(作業記録兼用)。

 24,2016 00:45
豆類エリアの土づくりの後、いよいよ、丹波黒豆等の豆を蒔きました。

お豆さん2016062410590002 (1)
              (今回蒔いた丹波黒豆、大豆(白豆)、青豆です)

ゴボウ収穫・苦土石灰散布(6/11)のあと、近所の牧場から購入した牛ふん
堆肥(3年もの)数百㎏を、豆類エリア全体にボクが散布しました(6/14)。
この堆肥散布の完了を待って、婆ちゃんが、まずトラクターでエリア全体の土
起こし(6/15)、その後、雨模様を見ながら、再度、トラクターで畝立てしてく
れました(6/18)。結果、豆類エリアとして、新しく8本の良い畝ができました。
婆ちゃんに感謝!です。
後は、油カスなどを散布して土づくり完了させ、6月20日、いよいよ丹波黒豆
などの豆を蒔くことができました。堆肥の散布や、豆を植える作業は結構きつ
かったなあ。

でも、昨年はじめて作った黒豆の美味しさはまだ忘れてません。今年も良い
お豆さんができたらいいなあ。




2016061514340000.jpg
苦土石灰、牛ふん堆肥の散布完了を待って、婆ちゃんが、トラクターで
エリア全体の土起こしをしてくれました。婆ちゃんの運転は天下一品です。



2016061516480000.jpg
土起こし、早くも完了しました。さすがトラクターの威力。これを、備中とかを
使った手作業でやってたとしたら、作業はまだ終わってない、つうか、それま
でにバテてダウンしてそうに思います。



2016062113350000.jpg
数日後、さらにトラクターを入れてくれて、畝立ても完了しました。結果、豆類
エリアとして、幅70~80cm・長さ30mほどの素晴らしい畝が8本もできました。
畝8本は、お隣り(3本)とボク(5本)でお借りしました。



2016062110070000.jpg
畝立ての後、油カスも蒔き終り、いよいよ豆を蒔く作業です。この日(6月20日)は
お借りする畝5本の内、4本に豆を蒔くことにしました。まず、三角ホーで各畝に
2列の溝を切って、豆を蒔いていきます。でも、雨の後で土が重く、4本もの長い畝
に溝を切っていく作業でヘロヘロ。余りの重労働で作業風景の写真を撮ること、す
っかり忘れていました。
・・・・・残り1本の畝には、7月に小豆(あずき)を植えるつもりです。



2016062110070001.jpg
それでも何とか、3種類の豆を蒔き終わりました。やったあ!

この日は、4つの畝に以下のように豆を植えました。
①黒豆(JA分)100粒
②青豆(昨年自家採種)75粒+黒豆(JA分)50粒
③黒豆(昨年自家採種分)120粒
④大豆(JA分)260粒

①は2列で交互に。約50㎝間隔で一カ所1粒、1列に50カ所。
④は2列で交互に。約30㎝間隔で一カ所2粒、1列に60カ所。



2016062113550002.jpg
本畝への豆蒔きとは別に、予備用として、畑の端っこ、畦の近くに、黒豆(JA分)
60粒を植え、トンネルを被せました。
畝で発芽した豆さんを鳩に食べられること多いらしく、その時のための予備です。





ありがとうございます。

















スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。