スポンサーサイト

 --,-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑で穫れたお豆さんで味噌づくり!(第二弾) うまくできるかな?

 22,2016 18:37
味噌づくり第二弾です。
いよいよお豆さんを潰して、塩切りした玄米麹(こうじ)と混ぜ合わせて、
容器に入れたら完成です。うまくできるかな?







2016021913160000.jpg
特大ボールに移したお豆さんをマッシャーで
潰していきます。なかなか力の要る作業です。
百均のマッシャーはすぐに壊れてしまいました。


2016021913300001.jpg
お豆さんを全部潰したところに
昨日、混ぜ合わせていた塩と玄米麹(こうじ)を
入れていきます。
⇒ 潰したつもりのお豆さんですが、どうしても
  粒のままのものが残ってしまいます。でも、
  お味噌になったときはこれが美味しいです。



2016021913310000.jpg
お豆さんと塩切りした玄米麹(しおこうじ)を混ぜています。



2016021913540000.jpg
うまく混ぜあがりました。



2016021913540002.jpg
さて、これからホーロー容器に移していきます。
ん??  容器の中のものは?
これは、今のお味噌です。うまく発酵するように
スターターとして入れておくのだそうです。



2016021914270001.jpg
最後の工程。混ぜたお豆さんを叩いて団子にしてます。
団子にして空気を抜くのだそうです。
団子にして、エイヤア!容器に投げ入れていきます。



2016021914280000.jpg
容器に投げ入れた状態です。
完成も間近です。




2016021915140003.jpg
お豆さんを平らに均して完成です。
やったね!!




2016031323090001.jpg
ピーちゃんは待ちくたびれて寝てしまいました。



2016021915430000.jpg
カビが出ないように、焼酎を含ませたキッチン
ペーパーで覆います。
こうした作り方は、うちの母ちゃんオリジナル・・・・
これまでの経験から編み出した作り方です。



2016021915430001.jpg
最後にラップで包んで出来上がり。
秋から冬まで待ったら、ジャーン、
美味しいお味噌のできあがり。
青豆のお味噌はどんな味かな?楽しみです。


長い期間、置けばおくほど良いらしいけど、
待ち遠しくて、毎年、冬2月頃に仕込んだら
その年の秋からどんどん食べてしまいます。




スポンサーサイト

Comment - 0

Latest Posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。